南紀勝浦温泉 ホテル浦島へ行ってきました。

洞窟風呂が売りの「ホテル浦島」へいってきました。

温泉宿って、風呂は内風呂1、露天風呂1とかでたいして工夫もない所が多く、健康ランドの方が凝ってるなーなんて思ったり事が多いけど、ここは普通の宿と違って盛りだくさんの凝ったお風呂があり、一泊で制覇するには少し計画を練ってまわるとよいです。湯あたりしないよう、ハシゴする場合は各場所30分くらいで切り上げたほうがよいかも。

お風呂は6~7種類あります。

①忘帰洞 ②ハマユウの湯・滝の湯 ③玄武洞 ④磯の湯
露天風呂2種類
①と②が洞窟風呂です。①の洞窟風呂は左右に分かれていて、男女入れ替えです。
オススメの順
①忘帰洞 左側 よくパンフに載っている方。5つ浴槽があるので見落とさないように。洗い場のあるトンネルがあり、そこをくぐるとまた2つ浴槽がある。
①忘帰洞 右側 浴槽4つ
③玄武洞 細長い感じの洞窟風呂。洗い場もあるが、できれば④磯の湯で洗い、こちらはゆっくり浸かるだけで。夜は風情ある感じにライトアップされてます。夜、海は真っ暗で波の音だけ聞きながら入る感じ。
②滝の湯 内風呂だが、窓から出て入る露天風呂チックな浴槽も2つ。東京都
     江戸川区の乙女湯を豪華にしたような?。乙女湯は黒湯ですが。
     (男女入れ替えで1泊のみの人は当日または翌日にしか入れない。)
④磯の湯 ③の洞窟風呂の並びなので前後にいくと良い。内風呂 熱めとぬるめの2つ。
     温泉効能の種類が一番あるとのことだが デザイン的には公衆浴場の様な感じ。
     洞窟風呂③より前に行き、体を洗うのがおすすめ。
②はまゆう 内風呂で四角い浴槽1つ。よくある温泉宿の内風呂というか、
      東京の450円でいける公衆浴場の様な特に個性はない感じ。一番地味かな。
      時間なければこれをカット。一応見学はしてみて下さい。
      ここは②滝の湯と同じで午前午後の男女入れ替え制なので、夫婦でカップルで来たら②はそれぞ       れ別の温泉に入ることとなる。②はそんなには離れていないので集合も不便ではないが、部屋の鍵は2つくれるので部屋集合でもよいかと。
貸し切り風呂 2種類が2つづ、計4かしょ横並び。 60分で税抜き2000円と3000円。スタンプは無い。
恐らく、貸し切り風呂は恐らくいく暇がないと思う。
オススメ順序としては、 ④→③→夕食→②→①
         翌朝①の片割れ→②のもう片方
                又は
            ②→①→夕食→④→③
         翌朝①の片割れ→②のもう片方
朝はあまり時間がないと思うので①の片割れは外さないよう優先的にいきます。寝起きに温泉で海の風にあたるのは目が覚めていいかも。
早起きができたら②→①の順でもよいかも。
温泉→朝食→温泉とか、湯あたりしないよう工夫してみて下さい。
島なので、救急車呼ぶとしても大変かと思いますので。。
脱衣所は皆鍵付きロッカーなので、カゴしかない温泉宿と違い安心。
貸し切り風呂以外、スタンプをおす所が入り口にあります。全部おすと粗品がもらえます。
①の洞窟風呂だけ脱衣所にバスタオルが置いてありました。
②は1カ所どちらかでok.➀も片割れだけでok.
ネタバレみたいですが、温泉の素(入浴剤)でした。
総括 温泉もりだくさんで、これからいく温泉宿がしょぼく感じたらどうしようという位の規模でした。
カテゴリー: 旅行&レジャー, 温泉専科 パーマリンク