しもやけ格闘記⑧ 医者1

漢方軟膏とコンビニ薬でも治らなくなり、

とうとう専門家に相談する事に。

そう。皮膚科、病院です。

かゆくて発狂しそうだったし、なんかこれで心筋梗塞にでもなったら割に合わないなと思って(死因:「しもやけによる心筋梗塞」なんて書かれたり噂されたりしたらサー、恥ずかしくて草場の陰で消えてなくなりたいと思うだろうし{既に消えているハズだが})薬も、病院なら保険が効くから同じ漢方薬でも安価に入手できるとなにかで読んだことがあったので・・。

今まで自然が、とか、先人の教えが、なんて、一丁前な事とかを書いていましたが。

もうそんな事、恥も外聞も気にならない位しもやけがきつくなってきたので、今まで試してだめだった薬一式もって(内容がかぶるものを処方されたら困るので)、いざ出陣。

先生:あーひどいね。これは。

私:はい。(内心:すごいでしょっ?ひどいでしょっ?かわいそうでしょ?)

先生:じゃあ薬だしとくから。

私:あ、これ効かなかった薬(達)なんですが。

先生:ああ、そんなのとは、レベルが違うやつだから・・(とほとんど見ない)

私:わかりましたー。

(つづく)

 

カテゴリー: 健康, 生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。