しもやけ格闘記⑩ 医者4

今年、雪が多かったですよね。ほんと。

医者の飲み薬がとうとう効かなくなりましたよ。

いままでのありとあらゆる方法を試したけれど・・。

かゆくて発狂しそうになる。

ここはもう、再度プロに相談するしかないと、わらにもすがる思いで昨年の皮膚科へ。

待つこと30分。○○さーん、と呼ばれる。

 

とうとう飲み薬も効かなくなりましたが、なんか手立てはないですか?と話す。

医者は、足を見る事もなく、「ないですね。薬も60%効けばよし、成功のうちです」と。

私:「え?」

医者:「まあ、あまり冷やさない様に」

私:「そんなことは百も承知ですが、温めると汗かいて、なぜか余計しもやけになり・・・」、「なんででしょうかね?」

医者:「まあ、うまく体のコントロールができてないのでしょう」

「近くに、診療内科ありますよ、私も知ってる先生ですが」

私:「?、診療内科って、これってもしかして精神的なものとか?」

医者:「いえいえ、精神病とかでなく自立神経とかの治療です」

 

もしかし、私、「かゆくて発狂しそう」とか言ったかな?

それで精神科?

おさじにサジを投げられた上、精神病院を勧められるとは・・・。

私も落ちたもんだ。。

 

つづく・・。

 

 

カテゴリー: 健康, 生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。